平成30年12月5日(水)、当事務所のお客様が熱田税務署長より優良申告法人として表敬され、顧問税理士として表彰に立ち会わせていただきました。

午後1時に、熱田税務署から税務署長の祐宗克幸様と統括国税調査官の西口史芳様が来社され、お客様に表敬状が授与されました。

優良申告法人とは

優良申告法人とは、「申告納税制度の趣旨に即して自主的に適正な申告と納税を継続している、他の納税者の模範としてふさわしい法人」として、経営内容が優良であり、適正な申告と経理処理が特に優良で、将来にわたっても適正な申告が期待できると認められた法人のことです。

法人税や消費税などの国税について不正計算や多額な申告漏れがないことはもちろん、帳簿および証拠書類が適切に整理・保存されていること、経理責任体制が確立されていること、企業会計と家計が明確に区分されていて公私混同がないこと等の基準をすべて満たすことによって選ばれます。

実際に表敬される法人の割合は日本の法人企業全体の1%に満たない割合で、名古屋市熱田区・南区・緑区・豊明市を管轄している熱田税務署の管内でも、わずか数件の法人しか選ばれていないそうです。

本年の1月に税務調査があり、「3月決算の法人なのになぜこの時期に調査を行うのだろう」と疑問に思っていましたが、申告是認(修正申告すべき事項がなく、当初の申告が正しいと認められること)となり、さらに優良申告法人として表敬と、うれしい結果になりました。

初めて優良申告法人の表彰に立ち会わせていただきましたが、お客様の納税意識の高さ、経理処理の正確さとともに、月次監査・税務申告の品質も認められたように感じ、職員時代も含めて約20年にわたり、ご支援させていただいた担当者として、誇らしい気持ちでいっぱいです。

再表敬はもちろんのこと、当事務所から新たな優良申告法人が表敬されることを目指し、今後もお客様をサポートしていきたいと思っておりますので、経理部門のレベルアップや業務効率化をお考えの経営者様、税務調査での税理士の対応や、税理士事務所のサービスに不満を感じている経営者様は、ぜひ当事務所までお問い合わせ下さい。

長岡大輔税理士事務所では、お客様のところに有資格者である所長が必ず訪問いたします。